スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曖昧な言葉「曖昧」

唐突だが、今私の目の前にテーブルに乗ったリンゴがある。
なんとなく様子をイメージできるだろうか。
パッと思いついたイメージでいい。

人間の想像力はよくできていて
断片的な情報でも、それっぽいものをイメージできる。

だが、さきのテーブルの上のリンゴが
ウサギさんの形をしている事は見抜けなかっただろう。
さらに、それは私の切り方が下手なので
とてもウサギには見えないカッコ悪いリンゴだ。
(いじわるしてごめんなさい)

ひどい引っかけと思うかもしれないが誤解です。
私が伝えたかったのは
言葉で伝えるのはとても難しいということ。
だが、世の中にはそれが分からない人もいる。

言っていることが分からない時に
「言っている事が曖昧だ」などと文句を言うことがある。
さらに「曖昧な話でおかしい」と思っている。
つまり、相手に原因があると思い込んでいる。
それはちょっと違う。

曖昧に感じる事、それは当たり前の話だ。
知らないもの・分からないものの話なのだろう。
だから、相手の話を否定することもできない
本当は否定すべきではないのだ。

だがそう言う人達は話し手に一方的な解決を求めてくることがある。
なぜか?
自分自身にも原因があることを知らないからだ。
自分には解決できない(と思う)から相手に求めている。
だが、そうではない。

つまり、自分からでも曖昧を解決できる。
自分でできること、やるべきことがある。


もし、相手の話を曖昧だなと感じることがあれば
どこが曖昧なのか、どういうことを知りたいのか、を考えるとよいだろう。
「曖昧だ」という指摘はそれ自体が曖昧だ。
具体的な質問を相手に返せばよい。
聞かなければ解決はしない。

逆に言われた場合は、
「どこが曖昧なんだろう?」
と投げかければよいだろう。
相手は考え方を知らないだけだ。
逆に問いかけてどう勘違いしているのか聞ければいいだろう。

健全な議論の為には曖昧な「曖昧」は無い方がいい。
曖昧さの問題もちょっとした行動の違い
実のある話ができるようになるだろう。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムクライ

Author:ムクライ
のんびりとやっていければいいかな。退屈を楽しいと感じた時が一番幸せだと思う

ブロとも・相互リンク受け付けてます。コメントも気軽にどうぞ。
反論みたいなコメも大歓迎
感じたことをそのまま書いてみてください
メール:mkmoralあlive.jp

ブロとも

この人とブロともになる

検索フォーム
最新記事
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

月夜を詠む 風を観る

愛ことば (名言&名台詞)

雑記とヤンデレ小説なんてDo-Dai?

Numinose Union

日々のつぶやきブログ

黒猫の旅

ゲテモノマンション好評分譲中!

たっちゃんの何となくの言葉

存在エネルギー論

ゆとり日本見聞録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。