スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のための競争か

誰でも競争に勝つ事は正しいと思っている。
私もそう思う・・・だが、それは絶対ではない

多くの競争は狭いルールの中で行われる。
テストの点数や、スポーツの得点売り上げの成果などを競う。
でもそれだけでいいのだろうか?

つづき

競争はとても単純でわかりやすい。
そしてなにより、競争による成長がある。

成長するための競争であって、競争に勝てば良いわけではない。
学校では高得点を出しても
スポーツも金メダルを取っても
仕事も成果をいくら伸ばそうが
成長はしない
逆だ、成長した証が勝利なのだ。

だから勝てば良いとは限らない
カンニングやドーピングのようなズルがなぜいけないのか?
それは
その勝利が成長によるものではないからだ。
成長しなければ競争の意味はない。

逆に負けても良いこともある。
東日本大震災では多くの企業が寄付をしている。
企業間の競争に反する行為だ、なぜいいのか?
それは
他人の成長を促すからだ。
一緒に成長できるならその方がいい。
競争中に助け合うことは悪ではない。

競争という争いの中にいながら助け合う。
競争の無意味さに気付くと
競争ばかりの社会でも純粋に助け合えるのではないかと思う。

自分や仲間と一緒に成長していければよいのだ。
人と争う最中でもそれを忘れてはいけない。
人は"競争"だけでは生きていけないから。


良い記事を見つけたので追従させてもらいました。
【瓠洲独言】勝とうとしない自分

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

【瓠洲独言】勝とうとしない自分

私は英雄になりたいと思えなかった。 子供の頃から、クラスの中でも目立ちたいとか思わなかったし、 みんなから尊敬されたいと思わなかった。 いや、思えなかった。むしろ、そっ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「ふむふむ」と読ませていただきました。

誰かと競争してるときでも、
相手のライバルのことを認めることができて、
助けてあげられるような人がいたらすごい人ですね

コメ返信なつこさんへ

難しいことではなくて、助けあえる時には助け合えればいいと思います
無理はさすがによくないけど

こんばんは、ムクライさん

ご紹介いただき、恐縮です。^^

>競争という争いの中にいながら助け合う。
>競争の無意味さに気付くと
>競争ばかりの社会でも純粋に助け合えるのではないかと思う。

競争と成長は文明を進化させてくれます。
それに伴って、人間の精神も成長する事が必要だと思います。

競争の中にモラルが育つこと。
それがその始まりとなるのかもしれませんね…^^

儒侠の瓠洲 さん

競争の中のモラル、それですね
あちらのコメントも見せてもらいました
傍観が善となることもあるのですね

>ご紹介いただき、恐縮です。^^
いえいえ、こちらこそ参考にさせてもらいました
ほかの記事もじっくり見たいと思っているところです
プロフィール

ムクライ

Author:ムクライ
のんびりとやっていければいいかな。退屈を楽しいと感じた時が一番幸せだと思う

ブロとも・相互リンク受け付けてます。コメントも気軽にどうぞ。
反論みたいなコメも大歓迎
感じたことをそのまま書いてみてください
メール:mkmoralあlive.jp

ブロとも

この人とブロともになる

検索フォーム
最新記事
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

月夜を詠む 風を観る

愛ことば (名言&名台詞)

雑記とヤンデレ小説なんてDo-Dai?

Numinose Union

日々のつぶやきブログ

黒猫の旅

ゲテモノマンション好評分譲中!

たっちゃんの何となくの言葉

存在エネルギー論

ゆとり日本見聞録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。