スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発言の責任 誤報のはなし

誤報というものは誰しもが気を付ける必要があると私も思います。
どのコミュニティでも誤報が発覚すると
誤報に対する責任を求められますから。
発言の責任を誤報のはなしを通して考えてみました。
以下引用

 このように、個人でニュースを発することが可能になった今、誤報の問題はなにもマスメディアに限った話ではありません。現場はブログ上であったり掲示板であったりしますし、匿名かもしれませんし非匿名かもしれませんが、とにかく、個人が誤報をやりかねない状態になったのです。
ミドルメディアの誤報


発言者は誤解を解くための弁明をしなくてはいけない。
Setoyamaさんは誤った情報の取り扱いについて考えていたようで
誤った情報を 保存する or 消去する 
この選択をどうするべきかとの議題を投げかけていた。
元ソースとなる情報をどうするべきかという話はよく見かけた記憶がある。

こんな感じの議論を見かけた

保存派
・誤報は「誤報である」とわかる方がよい
・消去すると「これは誤報である」という情報が伝わらなくなる

消去派
・間違った情報を出すべきではない
・公開し続ければ新たな被害者が出る可能性


私はこの議題について、どちらの選択もあまり重要だと思っていない。
すでに十分に広まってしまった状態では、誤報への対策としての効果がないと思う。
(誤報が問題視される程大規模なケースでは、すでにこの状態になってからの話が多い)
もう状況は手遅れなのに、さらなる被害の拡大を考えるのはどうなのかと感じる。

つまり、広まった誤報への対策をすべき状況なのに
これから話とは遠い所の議論になっているから重要でないと思うのだ。
元々保存か消去なんてネット固有の問題(選択肢)であって
誤報の本質的な問題に触れていないように思う。
弁明や訂正が伝わるようにできればどちらでも問題ないはずだ。

起きた誤報の責任を取ろうとすると大変だから
発言の責任が大事になってくるのでしょうね。
ブログの炎上なんかは、もう止めようがないようだしね。
間違った情報を発言しない・誤解を与えないよう気を付けるしかない。

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございました
次も楽しみにしてますね
プロフィール

ムクライ

Author:ムクライ
のんびりとやっていければいいかな。退屈を楽しいと感じた時が一番幸せだと思う

ブロとも・相互リンク受け付けてます。コメントも気軽にどうぞ。
反論みたいなコメも大歓迎
感じたことをそのまま書いてみてください
メール:mkmoralあlive.jp

ブロとも

この人とブロともになる

検索フォーム
最新記事
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

月夜を詠む 風を観る

愛ことば (名言&名台詞)

雑記とヤンデレ小説なんてDo-Dai?

Numinose Union

日々のつぶやきブログ

黒猫の旅

ゲテモノマンション好評分譲中!

たっちゃんの何となくの言葉

存在エネルギー論

ゆとり日本見聞録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。