スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公平な取引 その2

公平な取引の続き

お互いが公平さに努めていて問題が起きてしまうことがある。
どうも原因のひとつに情報不足があるようだ。
情報の不足からどちらかが不公平さを感じることがある。

一見さんお断りのバー、AさんはBさんを奢ることにした。
常連のAさんと一緒だからこそBさんは人気のメニューにありつけた。
だがそれをBさんは知らない。
だから不公平さが出てくる。
■Bさん「不公平だなぁ。金額が全然違うのに、これで貸し借りの話はできないだろう」
■Aさん「そんなことはない。このメニューは金額以上の価値があるんだぞ」


BさんはAさんの仕事の手伝いをしている。
Bさんは長時間キーボードを叩き続けた。
だが、Aさんはいつもその仕事をボタン一つで片付けている。
だがそれをBさんは知らない。
だから不公平さが出てくる。
■Bさん「不公平だ。私は長時間の大変な作業を手伝っているのに、簡単な作業しか手伝ってくれない。」
■Aさん「そんなことはない。頼んでいるのは簡単な作業だよ」


どちらの例も、互いに互いの状況を理解していない所に問題があるように思う。
それは互いが持つ情報に食い違いがあるからだ。
Bさん人気メニューの希少性仕事を簡単に済ませる方法を知っていれば
不公平さを感じることはなかっただろう。

不公平とするBさんの立場なら、
自分がなぜ不平を感じるのか説明できるといいだろう。
公平とするAさんの立場なら、
Bさんから意見を聞いたうえで自分の知っていることを伝えればいいだろう。

互いの知識や経験なんてよく知らないもので情報不足の問題は避けられない。
これはお互いが公平さに努めていても起きてしまうことだということ。
常に向き合わなければならない問題だということを忘れないでほしい。
今回はBさん側だけが情報不足だったのだが、
実際には互いに知っている部分知らない部分はまちまちだ。
だから知っていることを少しずつでも伝えていければいいと思う。


スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

公平な取引

人と付き合う上であるべきものは公平さだろう。
公平な取引でないならその関係は長く持たない
だから公平さを保つよう常に心がけるべきだ。

公平さとは何か?
それは本人が納得しているということだ。
納得する条件だからそこに公平さを感じるのだと思う。
だから公平な取引とは、互いに納得のいく取引ということ。
納得のいかない関係は誰にとっても苦痛だ。
だから公平さに努めなければならない。

"取引"というとお堅い商売みたいだが
友人間であれば"貸し借り"と言い換えてもいい。
A「今日はそっちの奢りだな」
B「わかった、この前の返しだぞ」

友人との何気ないやり取りも、公平さが必要だ。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

バランスを保つ

普段私たちの目に見えないが
実はとても身近なところにあるもの。
見えないだけでとても大事なもの。
バランスを保つこともそれの一つだと思う。

例えば、体のバランスは簡単に崩せる。
・椅子に深く腰掛け、誰かに自分の額を指一本で押さえてもらう。
 それから立ち上がってみる・・・が立ち上がれない。
・右手を真上に上げ、壁に体の右側をくっ付けるように立つ。
 それから左足をあげてみる・・・・が足が上げられない。(左右逆でもOK)


初めてやる人は指で押さえられている段階では
普通に立ち上がれそう」と感じるらしい。
自分もそうだった記憶があるが、他の人とやった時にもそんな反応だった。
いざ立ち上がろうとした時に初めて気付く。
あまりに突然意外で笑うことしかできなかったり。

タネ明かしをしておくと、
どちらも体の重心の移動ができない為に普段通りにできなかった。
・椅子から立ち上がる時には、頭を突き出して重心を前方へ運ばなくてはいけない。
・左足を上げる時には、体を右側に傾けなくてはいけない。

重心移動ができなければ普段の簡単な動作もできなくなる。

私たちの身近な所にはこういった
普段気にすることのないバランスを保つものがある。
それは必ずしも説明されているとは限らない。
体の重心移動のように、明確な意図を含まないものが社会にもあると思う。
「無駄じゃない?」「邪魔じゃない?」と思うものにもそれなりの意味があったりするので
気をつけた方がいいかもしれない。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

信用・信頼の人間関係

社会に必要なのは信用です。
家族でも友達でも同僚でも信用がなければ
人間関係は成立しません。

先日、内閣不信任決議案が否決されました。
政治も同様で信用がなければ成立しませんね。
菅さんは信用を証明しましたから、
もうしばらくは管政権として存続することになるのでしょう。

私達の身近なところでは不信任決議なんてありませんから、
人と人との人間関係を自分で整理しなくてはいけません。
信頼は過去の経験から生まれますから、その人とあなたの過去から関係を整理できます。

お金が全ての関係に愛を捧げても無駄だったり、
友情が全ての関係はお金では引き裂けない、
永遠の友情を誓う仲でも、近所から遠方へ引っ越したらそれっきりということもあります。

お金で生まれた信用ならお金(取引先なども)、
友情で生まれた信用なら友情を継続しなければなりません。
基本的に過去と同じことを求められるように思います。
といっても人はそこまで単純ではないから
いろいろな信用のあり方を知っておく必要がありますね。

あなたは家族や友人、同僚と
どんな信用の上で成り立っているのでしょう?
考えてみると、さらにより良い関係を築けると思います。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

夢が大きくなければならないワケ

夢は大きく持て」という教育・考えさせ方がある。
少年よ、大志を抱け」なんて言葉もある。

子供の頃に必ず聞かされ考えさせられた話だろう。
夢は大きくなければならない
これは世間の常識とされているように思う。
だが、なぜだろう?
なぜ夢は大きくなければならないのだろう?

朝のゴミ捨てもスッキリ済ませる・・・・・ことができるかもしれない!? -身近で壮大な夢の話-


続きを読む

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

ムクライ

Author:ムクライ
のんびりとやっていければいいかな。退屈を楽しいと感じた時が一番幸せだと思う

ブロとも・相互リンク受け付けてます。コメントも気軽にどうぞ。
反論みたいなコメも大歓迎
感じたことをそのまま書いてみてください
メール:mkmoralあlive.jp

ブロとも

この人とブロともになる

検索フォーム
最新記事
カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも一覧

月夜を詠む 風を観る

愛ことば (名言&名台詞)

雑記とヤンデレ小説なんてDo-Dai?

Numinose Union

日々のつぶやきブログ

黒猫の旅

ゲテモノマンション好評分譲中!

たっちゃんの何となくの言葉

存在エネルギー論

ゆとり日本見聞録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。